[江川三郎八]のレポート一覧

岡山の江川三郎八建築を巡る

岡山の江川三郎八建築を巡る

江川三郎八は1902(明治36)年に岡山県の建築技師に就任し県内の学校や役所などの公共機関の建築を設計した。岡山には江川が手掛けた建物が比較的残されており今でも訪れてみることができる。

江川三郎八 建築マップ[岡山編]

江川三郎八 建築マップ[岡山編]

岡山県に残る江川三郎八が設計したといわれる、現存する建築をマッピングしたマップをご紹介。現在21箇所登録済。

展覧会|”江川式”擬洋風建築 江川三郎八がつくった岡山・福島の風景|岡山県真庭市

展覧会|”江川式”擬洋風建築 江川三郎八がつくった岡山・福島の風景|岡山県真庭市

以前、LIXILギャラリーで開催されていた江川三郎八展の展示パネルを活用した「”江川式”擬洋風建築 江川三郎八がつくった岡山・福島の風景」展が岡山県真庭市で開催されている。

関連書籍