【近代建築の楽しみ方】タイル編

【近代建築の楽しみ方】タイル編
公開:2020/06/28 更新:2020/12/12

私が近代建築を好きになった一つの理由にタイルがある。

ある書籍でタイルの世界を知り、それ以来タイルを町中で探すことが日常になっている。

今回はそんなタイルを【近代建築の楽しみ方】シリーズ第三弾として紹介したい。

他の【近代建築の楽しみ方】シリーズは↓↓↓
【近代建築の楽しみ方】煉瓦編
【近代建築の楽しみ方】ガラス編
【近代建築の楽しみ方】金属天井編


タイルのイメージ

みなさんのタイルのイメージはどんなものだろうか。

私が昔思い浮かべたタイルのイメージは、風呂場の床にあった玉石を模した玉石タイルであった。

玉石タイル
玉石タイル

ある年代の人はトイレや風呂場にこのタイルが使われている時代を知っているだろう。最近の新しい家ではあまりみかけないのが悲しい。

さらに時代を遡ると、たばこ屋のショーケースや遊郭建築にモザイクタイルが使われていた。

モザイクタイル
モザイクタイル

今でも古いたばこ屋さんの店先などでみつけることができる。こちらにはマニアが一定数おり私もその一人なのだが。。

では、近代建築でのタイルの頻出箇所はと言えばどこだろう。

トイレ、風呂場はもちろんなのだが、それは玄関や暖炉廻りだろう。

玄関
玄関

大阪にある国内最初期の洋館である泉布館には、イギリス製の輸入転写タイルが暖炉に使われている。

ちなみに床はタイルにみえるが、高価もしくは重量の問題から、実は床板にタイル模様が塗りで表現されている偽タイルだ。

暖炉
暖炉

偽タイル
偽タイル

次に、帝國ホテルのスダレ煉瓦から爆発的に建物の外装に使われだしたスクラッチタイルがある。はじめは洋館に、後に一般住居にも使われ流行した。今でも古い長屋や町屋などでよくみかける。

スクラッチタイル
スクラッチタイル

あとは、なんといっても銭湯(お風呂屋さん)だろう。

浴室は当然として壁にタイルで絵を描くタイル絵と言われるものがある。東京は富士山などのペンキ絵が知られているが、我が関西では色々な絵がタイルで表現されていることが多い。

タイル絵
タイル絵

タイルの弱点

タイルは非常に耐久性があるため、あまり経年変化が起こりにくい。つまり日本人好みの古こけていく過程を楽しむことができず、乱暴に言えば数十年経とうがいつ見ても同じ見た目なのだ。

その画一的な見た目をどうにかしようと、スクラッチタイルや美術タイル、布目タイルなどの趣があるタイルが出てきたのではと思う。

土壁にも合うタイルの好例:藤田家住宅
土壁にも合うタイルの好例:藤田家住宅

それにしても今の建築に使われるタイルは画一的に過ぎないだろか。。

刻印

以前の煉瓦編でも触れたが、煉瓦には製造元を表す刻印が刻まれているのだが、実はタイルにもこの刻印が存在する。

刻印
刻印

ただし煉瓦と違って、これを確認することは極めて困難だ。必ず接着面に刻印があるため通常見えない箇所にある。

何かのトラブルで剥がれるか、接着前のものを手にしないと見ることはできない。もう少し簡単にみれたらなと思う。。

刻印
刻印

刻印
刻印

同じデザインのタイル

昔タイルのデザインは特に保護されていなかったようである。つまりあるタイルのデザインをコピーして、別会社が自社製品として製造することがよくあったようである。

今となってはどちらが先でどちらが後かわからないし、デザインだけで製造元を特定するのは非常に困難だ。

そこで刻印を確認したいのだが、前段の理由からそれもままならない。

まぁ、それが面白い点でもあるのだが。

組み合わせの美

タイル、正確にはモザイクタイルの特長は、小さいタイルを組み合わせることで絵や文字を豊かに表現出来ることだ。

モザイクタイル絵:さくら湯
モザイクタイル絵:さくら湯

これは現在のコンピュータのドット絵と原理はほとんど同じだと考えれる。昔のファミコンなどは解像度が低かったため、少ないドットでいかにそれっぽくみせれるかがドット絵師の腕の見せ所であった。

ドット絵:サメ
ドット絵:サメ

つまり腕のよいドット絵師であれば、素晴らしいモザイクタイル絵師にもなれると思うのだ。

モザイクタイル絵:さくら湯
モザイクタイル絵:さくら湯

モザイクタイル文字:旧築港温泉
モザイクタイル文字:旧築港温泉

それにしても、昔はコンピュータなど存在しないため、どのようにデザインをしていたのだろうか?

方眼紙に地道に色塗ってとか想像するが。。それを元に小さいタイルを壁などに貼り付けるのもエラい手間そうだ。。

さて、とりとめもなくタイルについて述べてきたが、実は他にもタイルにはいろいろな種類がある。

次に、私が撮影してきた過去の写真を元に、私なりにタイルを分類したので紹介してみたい。

たてものきろく流タイル分類

敷瓦

いわゆるタイル以前に、昔から日本の禅寺の床などに使われてた平瓦。

タイル的につかわれているため一つの分類とした。

敷瓦
敷瓦

スクラッチタイル

元は近代建築の三大巨匠の一人、フランク・ロイド・ライトが旧帝国ホテル用に開発したスダレ煉瓦。

帝国ホテルで使われたことから、大正末から昭和初期まで洋館から町家、住居など日本中で大流行した。

スダレ煉瓦:旧帝国ホテル
スダレ煉瓦:旧帝国ホテル

スクラッチタイル:生駒ビルヂング
スクラッチタイル:生駒ビルヂング

スクラッチタイル:生駒ビルヂング
スクラッチタイル:生駒ビルヂング

スクラッチタイル:関藤謙治商店
スクラッチタイル:関藤謙治商店

スクラッチタイル:関藤謙治商店
スクラッチタイル:関藤謙治商店

美術タイル

一枚一枚焼きあがりを変え美術品のような美しさをもったタイル。

泰山タイル(池田泰山、泰山製陶所)や山茶窯(小森忍)のものが有名。

美術タイル:きんせ旅館
美術タイル:きんせ旅館

美術タイル:きんせ旅館
美術タイル:きんせ旅館

美術タイル:喫茶築地
美術タイル:喫茶築地

→ 関連記事:今も残る泰山タイルを探す日々【美術装飾タイル】

転写タイル

銅板に彫った図案を転写紙に染料でつけ、それをタイル素地に転写し焼いたタイル。

精密な絵を版画のように量産できた。輸入物が多い。

転写タイル:旧ハッサム邸
転写タイル:旧ハッサム邸

転写タイル:泉布観
転写タイル:泉布観

本業タイル(本業敷瓦)

銅板転写の技術を用いて瀬戸などで作られた陶製タイル。

旧家のトイレや浴室、昔の銭湯などでよく使われた。

本業タイル:瀬戸民家
本業タイル:瀬戸民家

本業タイル:中山神社
本業タイル:中山神社

本業タイル:窯垣の小径資料館
本業タイル:窯垣の小径資料館

象嵌タイル

色をタイル表面に塗ったり釉薬をかけるのではなく、色付きの土を彫りに嵌めて焼くタイル。

マットな質感と、ある程度表面が欠けても同じ色のままなのが特長。

象嵌タイル:旧ハンター邸
象嵌タイル:旧ハンター邸

象嵌タイル:旧ハンター邸
象嵌タイル:旧ハンター邸

布目タイル

タイル表面に布目状の凹凸をつけたタイル。

凹凸によって表面が画一的にならず趣が出るため、洋館だけでなく近代和館にも使われていた。

布目タイル:旧朝香宮邸
布目タイル:旧朝香宮邸

布目タイル:旧北野小学校
布目タイル:旧北野小学校

マジョリカタイル

凹凸がありキレイな釉薬をかけて焼かれたタイル。

国産品の質が高く後に海外(台湾やインドなど)に輸出されていた。

マジョリカタイル:さらさ西陣
マジョリカタイル:さらさ西陣

マジョリカタイル:大将軍湯
マジョリカタイル:大将軍湯

マジョリカタイル:京都防火用水
マジョリカタイル:京都防火用水

マジョリカタイル:チップルソン
マジョリカタイル:チップルソン

モザイクタイル

決まった小さいサイズのタイル。

床パターン

風呂場や玄関周りでよく使われている。
パターンが幾何学模様でおもしろい。

モザイクタイル:橋本民家
モザイクタイル:橋本民家

モザイクタイル:乾邸
モザイクタイル:乾邸

ショーケース

昔のたばこ屋のショーケースでよく使われている。

ショーケース:米ディナンバー1
ショーケース:米ディナンバー1

ショーケース:福山たばこ屋
ショーケース:福山たばこ屋

ショーケース:常滑たばこ屋
ショーケース:常滑たばこ屋

流し台

ステンレス流し台より前によく使われていた。

流し台:禁酒会館
流し台:禁酒会館

クリンカータイル

滑り止めと排水用の溝が刻まれたタイル。
近代建築の屋上や玄関前などによく使用されている。

クリンカータイル:生駒ビルヂング
クリンカータイル:生駒ビルヂング

クリンカータイル:旧琵琶湖ホテル
クリンカータイル:旧琵琶湖ホテル

クリンカータイル:旧琵琶湖ホテル
クリンカータイル:旧琵琶湖ホテル

クリンカータイル:旧松本邸
クリンカータイル:旧松本邸

玉石タイル

玉石を模したタイル。
昭和30年代から流行。一時期は風呂場、トイレなど水回りはこのタイルで埋まっていた。

玉石タイル:銭湯
玉石タイル:銭湯

玉石タイル:旧明倫小学校
玉石タイル:旧明倫小学校

偽タイル

タイルを模した偽物のタイル。

タイルが高価だったこともあり板に色を塗ったり、金属のトタンを型押して代用していた。

偽タイル:泉布観
偽タイル:泉布観

偽タイル:泉布観
偽タイル:泉布観

偽タイル:伊吹島
偽タイル:伊吹島

偽タイル:伊吹島
偽タイル:伊吹島

変り種タイル

形や色、模様、貼り方が変わっているタイル。

変り種タイル:網代
変り種タイル:網代

変り種タイル:縄?
変り種タイル:縄?

変り種タイル:京都祠:イモムシ
変り種タイル:京都祠:イモムシ

変り種タイル:イモムシ
変り種タイル:イモムシ

変り種タイル:イモムシ
変り種タイル:イモムシ

変り種タイル:錯覚
変り種タイル:錯覚

変り種タイル:凹凸
変り種タイル:凹凸

変り種タイル:文様
変り種タイル:文様

変り種タイル:マーブル
変り種タイル:マーブル

変り種タイル:結晶
変り種タイル:結晶

変り種タイル:テラコッタ風
変り種タイル:テラコッタ風

まとめ

いかかでしたか?
タイルおもしろいでしょう。

この記事を読んでタイル興味持っていただけた方、町中や古い建物でタイル探してみてくださいね!

以上


他の【近代建築の楽しみ方】シリーズは↓↓↓
【近代建築の楽しみ方】煉瓦編
【近代建築の楽しみ方】ガラス編
【近代建築の楽しみ方】金属天井編

おすすめ書籍

私をタイル好きにした本。おじさんだけど。。続編が出そうで出ない。。タイルもいろいろな種類があることを知った。

故酒井一光さんの著書。発売を楽しみに待っていた本。氏の著作はいつも近代建築の新しい楽しみ方を教えてくれる。大阪だけでなく日本全国、また海外まで含めたタイル物件が紹介されている。既に解体している建物や今では見学不可の建物も多いので貴重。それにしても解体した無茶空茶(注:建物名です)の建物に本業タイルあったのか。。見落としてたな。


B!
今後の励みなりますのでシェアをお願いします!

最新レポート

今も残る泰山タイルを探す日々【美術装飾タイル】 今も残る泰山タイルを探す日々【美術装飾タイル】

2021年6月16日

岡山の江川三郎八建築を巡る 岡山の江川三郎八建築を巡る

2021年2月10日

【瀬戸内海】遊郭跡も残る大崎上島の木江をまち歩き 【瀬戸内海】遊郭跡も残る大崎上島の木江をまち歩き

2021年2月10日

鬼滅の刃っぽい世界を体験できるおすすめ施設【関西編】 鬼滅の刃っぽい世界を体験できるおすすめ施設【関西編】

2021年2月10日

【近代建築の楽しみ方】タイル編 【近代建築の楽しみ方】タイル編

2020年12月12日

【近代建築の楽しみ方】煉瓦編 【近代建築の楽しみ方】煉瓦編

2020年12月1日

【近代建築の楽しみ方】ガラス編 【近代建築の楽しみ方】ガラス編

2020年11月14日

イケフェス大阪おすすめ近代建築マップ[ミナミ編] イケフェス大阪おすすめ近代建築マップ[ミナミ編]

2020年10月26日

イケフェス大阪2020プログラムまとめ イケフェス大阪2020プログラムまとめ

2020年10月24日

イケフェス大阪おすすめ近代建築マップ[船場編] イケフェス大阪おすすめ近代建築マップ[船場編]

2020年10月21日

【近代建築の楽しみ方】金属天井編 【近代建築の楽しみ方】金属天井編

2020年8月26日

【まち歩き】岡山県倉敷市玉島【近代建築】 【まち歩き】岡山県倉敷市玉島【近代建築】

2020年7月3日

【伊賀の近代建築を巡る】後編「明治の学校建築やら警察署やら」 【伊賀の近代建築を巡る】後編「明治の学校建築やら警察署やら」

2020年7月1日

【伊賀の近代建築を巡る】前編「煉瓦橋やら銭湯やら」 【伊賀の近代建築を巡る】前編「煉瓦橋やら銭湯やら」

2020年7月1日

江戸東京たてもの園をゆく第3回「歴史を感じるセンターゾーン」 江戸東京たてもの園をゆく第3回「歴史を感じるセンターゾーン」

2020年6月30日

江戸東京たてもの園をゆく第2回「住みたくなる西ゾーン」 江戸東京たてもの園をゆく第2回「住みたくなる西ゾーン」

2020年6月30日

江川三郎八 建築マップ[岡山編] 江川三郎八 建築マップ[岡山編]

2020年6月30日

展覧会|”江川式”擬洋風建築 江川三郎八がつくった岡山・福島の風景|岡山県真庭市 展覧会|”江川式”擬洋風建築 江川三郎八がつくった岡山・福島の風景|岡山県真庭市

2020年6月27日

江戸東京たてもの園をゆく第1回「看板建築好きが泣いて喜ぶ東ゾーン」 江戸東京たてもの園をゆく第1回「看板建築好きが泣いて喜ぶ東ゾーン」

2020年6月22日

【書評】建築のテラコッタ - 装飾の復権 【書評】建築のテラコッタ - 装飾の復権

2020年6月2日

関連書籍