江戸東京たてもの園をゆく第1回「看板建築好きが泣いて喜ぶ東ゾーン」

江戸東京たてもの園をゆく第1回「看板建築好きが泣いて喜ぶ東ゾーン」
公開:2019/09/27 更新:2020/06/22

古い建築が好きな私みたいな者には聖地のような場所がいくつかあるが、その代表格の一つが江戸東京たてもの園だ。(ちなみにもう一つの代表格は博物館明治村

私は大阪在住ということもあり、関東方面はあまり攻めてはいないのだが、こちらにやっと来ることができた。

事前の情報では、好物としている看板建築が多くあり、そのうえ銅板貼でもあるとのことで楽しみでしかない。


江戸東京たてもの園とは

まずは、江戸東京たてもの園の簡単な説明であるが、公式サイトより概要を引用してみたい。

当園では、現地保存が不可能な文化的価値の高い歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示するとともに、貴重な文化遺産として次代に継承することを目指しています。

また、たてもの園はゾーンが三つに分けられており、それぞれ特徴をもった展示がなされているようだ。

  • センターゾーン
    • 歴史を伝える建物
  • 西ゾーン
    • 様々な建築様式の住宅
  • 東ゾーン
    • 昔の下町の商家・銭湯・居酒屋など

私個人の印象としては、店舗建築、看板建築など真っ先に解体されがちな、庶民的なまち並を構成していた建物が多く移築されている印象であり、大変好感がもてる。

どうやら、私の好物の看板建築は東ゾーンとのことらしい。まずはそちらに足を進めてみたい。

東ゾーン

天明家(農家)

看板建築!看板建築!と言っておきながら最初は農家。気持ちが先に進んでいたせいかこちらの撮影画像がほとんどのこっていなかった。

天明家:全体
天明家:全体

天明家:室内
天明家:室内

農家に関しては関西に二大展示施設がある。大阪の日本民家集落博物館と 奈良の大和民俗公園だ。ここで展示されている建物たちと比べると、天明家は大きくそして小綺麗だ。農家も厩とか色々と面白いので、いずれこちらもレポート化したいと思う。

村上精華堂

これまた面白いのが。柱っぽいのはあるが柱として用をなしているのか、洋風な装飾として人造研ぎ出し手技で作られていると思われる。
何とか洋風なものを取り込んでみようというのが、日本人っぽくて好きなのだ。明治以降作られ出した西洋建築の町なみへの影響がみてとれる。

村上精華堂:全体
村上精華堂:全体

村上精華堂:屋号
村上精華堂:屋号

村上精華堂:柱装飾
村上精華堂:柱装飾

村上精華堂:店内
村上精華堂:店内

植村邸

こりゃすごい。銅板から紋章のような装飾とか、基本洋風なのに手摺とか破風のような上部とか魅力的な建物だ。築地本願寺が少し思い浮かんだ。昔はこんなのがごろごろ町なかにあったのだろうか。うらやましい。。

植村邸:全体
植村邸:全体

植村邸:全体
植村邸:全体

植村邸:紋章
植村邸:紋章

植村邸:手摺
植村邸:手摺

丸二商店(荒物屋)

こりゃまたすごい。荒物屋でここまで凝った外観にする必要があったのだろうか。銅板も網代や鱗?っぽいの含め幾種類もの貼り方が駆使されていて見飽きない。側面も銅板、ガラスにしてるとは好きだね。これは。

丸二商店:全体
丸二商店:全体

丸二商店:全体
丸二商店:全体

丸二商店:鱗な銅板貼
丸二商店:鱗な銅板貼

丸二商店:様々な銅板貼
丸二商店:様々な銅板貼

丸二商店:横
丸二商店:横

丸二商店:裏
丸二商店:裏

丸二商店:ごみ箱
丸二商店:ごみ箱

花市生花店

外観は人研ぎと銅板の組み合わせが珍しい。よく目を凝らすと生花店にふさわしい植物の浮出しのある銅板もある。こういうのは撮影した画像を拡大してみると気付くことがあるから、帰宅してからでも楽しめる。

花市生花店:全体
花市生花店:全体

花市生花店:上部
花市生花店:上部

花市生花店:植物の浮出し
花市生花店:植物の浮出し

店内は一部モザイクタイル使い。生花店ということから水回りに強く、みためにもハイカラなタイルが使われたのだろう。

花市生花店:モザイクタイル
花市生花店:モザイクタイル

武居三省堂(文具店)

前面タイル貼。戸袋にもタイルとはこだわりを感じる。

武居三省堂:全体
武居三省堂:全体

武居三省堂:戸袋
武居三省堂:戸袋

店内はその収納棚の迫力に圧倒された。左側の薬箪笥のようなものは筆を収納する棚のようだ。こちらには地下室もある。

武居三省堂:店内
武居三省堂:店内

大和屋本店(乾物屋)

鰹節よりタバコのショーケースに目が行ってしまうのです。それもタイルに。マーブルのぷっくりタイルはたまにみるたるだが、やはり美しい。

大和屋本店:全体
大和屋本店:全体

大和屋本店:全体
大和屋本店:全体

大和屋本店:タバコのショーケース
大和屋本店:タバコのショーケース

大和屋本店:モザイクタイル
大和屋本店:モザイクタイル

タバコのイラストもテキストもtobaccoでなくてcigarettesなのが素晴らしい。元々はこの店舗にあったものでなかったかもしれないな。

大和屋本店:タバコのショーケース
大和屋本店:タバコのショーケース

大和屋本店:タバコのショーケース
大和屋本店:タバコのショーケース

川野商店(和傘問屋)

京都辺りには今でもありそうだ。小脇にある、防火用水には屋号のタイル。
防火用水もいろんなバリエーションがあるな。

川野商店:全体
川野商店:全体

川野商店:店内
川野商店:店内

川野商店:防火用水
川野商店:防火用水

小寺醤油店

店内に目が行きがちだが、雨樋や手摺など凝ったつくりで、屋号がさりげにあるのも忘れずにチェック。

小寺醤油店:全体
小寺醤油店:全体

小寺醤油店:装飾
小寺醤油店:装飾

小寺醤油店:雨樋、手摺
小寺醤油店:雨樋、手摺

小寺醤油店:物干し
小寺醤油店:物干し

店内の商品の並べ方や什器なんかも長年、仕事されてきていた時代を感じることができて想像力を掻き立てられる。

小寺醤油店:特約店看板
小寺醤油店:特約店看板

小寺醤油店:瓶保冷機とレジスター
小寺醤油店:瓶保冷機とレジスター

小寺醤油店:瓶保冷機
小寺醤油店:瓶保冷機

小寺醤油店:醤油容器
小寺醤油店:醤油容器

万徳旅館

贅沢なガラス使用に時代の変化を感じる。ガラスは風や冷気、ほこりを防ぎつつも光を通す性質から建物の設計に一大変化をもたらした部材だろう。昭和30年代でも、農村民家の台所にガラスを導入して住環境を近代化しようとした教育映画をみたことがある。

万徳旅館:店内
万徳旅館:店内

万徳旅館:ガラス
万徳旅館:ガラス

「窓ひらくー一つの生活改善記録」東京シネマ1958年製作

子宝湯

たてもの園の中で唯一の銭湯建築だ。銭湯もタイル好きということがきっかけで好きになった。

→ 2020-06-22更新 江戸東京たてもの園で銭湯を特集した展示があります。子宝湯の展示もあります。「ぬくもりと希望の空間 ~大銭湯展」2020年9月27日まで。

子宝湯:全体
子宝湯:全体

子宝湯:入口モザイクタイル
子宝湯:入口モザイクタイル

子宝湯:入口モザイクタイル
子宝湯:入口モザイクタイル

下足場には九谷焼のタイル絵。今でも古い銭湯にいくとたまに見かける。

子宝湯:九谷焼のタイル絵
子宝湯:九谷焼のタイル絵

浴室に入ると、関東風の特徴があるのがみてとれる。
まず、壁にペンキ絵で富士山。関西ではめったに見ない。富士山はなくモザイク画が基本だ。

子宝湯:浴室
子宝湯:浴室

また、浴槽が奥側の壁にくっついているが、関西は男湯女湯の間の仕切り壁に浴室がついたり、浴室の真ん中にあることが多い。さらに大阪でよくあるタイプとして浴槽前に段があり、そこに腰かけ体を洗ったりすることもできる。

鍵屋(居酒屋)

いいね。何かこんなところで飲み食いできたらおいしいだろうな。現代でも営業していたら価値は高まっていたのではないか。

鍵屋:全体
鍵屋:全体

鍵屋:全体
鍵屋:全体

仕立屋

こういう建物の方が時代は古いのに、看板建築より町には残っている。

仕立屋:全体
仕立屋:全体

万世橋交番

交番も明治以降にできたものでタイルや煉瓦など当時の先端素材で作られているものが多い印象だ。持ち送りの装飾も凝っているではないか。全体的にかわいらしい色使いで警察官の威厳は保たれていたのだろうか。

万世橋交番:全体
万世橋交番:全体

万世橋交番:もちおくり
万世橋交番:もちおくり

万世橋交番:ガスコンロ
万世橋交番:ガスコンロ

上野消防署(旧下谷消防署)望楼上部

手摺や屋根の形がメルヘン。そこに日本の鐘という組み合わせがいいね!

上野消防署(旧下谷消防署)望楼上部:全体
上野消防署(旧下谷消防署)望楼上部:全体

銅板建築について

銅板建築といえば、現代人はこの錆びた緑青の印象なのだが、新築当時は全く今と違い、いわゆる金ピカ状態だったと思うと、今のこの町なみと当時とでは全く印象が違う可能性がある。緑青になる前提だったのか。

それは、現代人は時代のたった古こけた仏像を良いと思うが、やはりこちらも作られた当時は、金ピカないし派手な色が塗られていた痕跡があり、それが良しとされていたと、同じように。

まとめ

実のところ、こういった町なみが懐かしい世代ではない。むしろ懐かしくない世代からすると作り手の個性が出まくっている、これらの建物が普通に町にあった時代を無性に羨ましく感じるのだ。無味乾燥で画一的でシンプルな現代の建物ばかりで育ってきたからなのか。

以上。

大満足の中、第2回「住みたくなる西ゾーン」へつづく

おすすめ書籍

なぜかポーランド人が東京の古い店構えの建物をイラスト化。看板建築や銅板建築がいっぱいです。日本人でも知らないとこばかりだよ。


B!
今後の励みなりますのでシェアをお願いします!

最新レポート

今も残る泰山タイルを探す日々【美術装飾タイル】 今も残る泰山タイルを探す日々【美術装飾タイル】

2021年6月16日

岡山の江川三郎八建築を巡る 岡山の江川三郎八建築を巡る

2021年2月10日

【瀬戸内海】遊郭跡も残る大崎上島の木江をまち歩き 【瀬戸内海】遊郭跡も残る大崎上島の木江をまち歩き

2021年2月10日

鬼滅の刃っぽい世界を体験できるおすすめ施設【関西編】 鬼滅の刃っぽい世界を体験できるおすすめ施設【関西編】

2021年2月10日

【近代建築の楽しみ方】タイル編 【近代建築の楽しみ方】タイル編

2020年12月12日

【近代建築の楽しみ方】煉瓦編 【近代建築の楽しみ方】煉瓦編

2020年12月1日

【近代建築の楽しみ方】ガラス編 【近代建築の楽しみ方】ガラス編

2020年11月14日

イケフェス大阪おすすめ近代建築マップ[ミナミ編] イケフェス大阪おすすめ近代建築マップ[ミナミ編]

2020年10月26日

イケフェス大阪2020プログラムまとめ イケフェス大阪2020プログラムまとめ

2020年10月24日

イケフェス大阪おすすめ近代建築マップ[船場編] イケフェス大阪おすすめ近代建築マップ[船場編]

2020年10月21日

【近代建築の楽しみ方】金属天井編 【近代建築の楽しみ方】金属天井編

2020年8月26日

【まち歩き】岡山県倉敷市玉島【近代建築】 【まち歩き】岡山県倉敷市玉島【近代建築】

2020年7月3日

【伊賀の近代建築を巡る】後編「明治の学校建築やら警察署やら」 【伊賀の近代建築を巡る】後編「明治の学校建築やら警察署やら」

2020年7月1日

【伊賀の近代建築を巡る】前編「煉瓦橋やら銭湯やら」 【伊賀の近代建築を巡る】前編「煉瓦橋やら銭湯やら」

2020年7月1日

江戸東京たてもの園をゆく第3回「歴史を感じるセンターゾーン」 江戸東京たてもの園をゆく第3回「歴史を感じるセンターゾーン」

2020年6月30日

江戸東京たてもの園をゆく第2回「住みたくなる西ゾーン」 江戸東京たてもの園をゆく第2回「住みたくなる西ゾーン」

2020年6月30日

江川三郎八 建築マップ[岡山編] 江川三郎八 建築マップ[岡山編]

2020年6月30日

展覧会|”江川式”擬洋風建築 江川三郎八がつくった岡山・福島の風景|岡山県真庭市 展覧会|”江川式”擬洋風建築 江川三郎八がつくった岡山・福島の風景|岡山県真庭市

2020年6月27日

江戸東京たてもの園をゆく第1回「看板建築好きが泣いて喜ぶ東ゾーン」 江戸東京たてもの園をゆく第1回「看板建築好きが泣いて喜ぶ東ゾーン」

2020年6月22日

【書評】建築のテラコッタ - 装飾の復権 【書評】建築のテラコッタ - 装飾の復権

2020年6月2日

関連書籍